出雲障がい者就業・生活支援センターリーフ

事業所様用Q&A

事業所様用Q&A

障がい者との接し方が解かりません。
障がいの種類に応じた特性を理解することが大切です。リーフにご相談いただければ、職場の中での実際の接し方などのアドバイスができます。また、場合によっては島根障害者職業センターよりジョブコーチを派遣して、障がい者が職場内で働く上での様々なコーディネートをしてくれます。 
どういう環境を整えたらいいのですか?
障がい者を雇用しても、職場の受け入れ態勢が整わないと、職場への定着や能力発揮は難しいと思います。 本人が職場で困っていることがあれば、みんなで工夫して障がい者に配慮した職場にすることは可能です。現に、障がい者雇用をされた企業で、障がい者への声がけや配慮により企業全体のチームワークがよくなり、結果的に売り上げが激増した事例も聞きます。改善内容によっては助成金制度を利用することができます。
ジョブコーチを派遣してほしい
リーフにご相談ください。島根障害者職業センター、ハローワークと連携をして、ジョブコーチの派遣の準備やコーディネートをいたします。
職場に溶け込めるのですか?
入社したての社員への一般的な配慮は健常者も障がい者も基本的には同じです。障がい者も不安を感じています。孤立したり、困っているようなら声をかけてください。まずは、一つの仕 事から任せて、少しずつ職場環境に慣れてもらうことも一つの方法です。 また、職場定着で大切なことは、仕事の役割と責任を障がい者本人に与え、仕事に対する熱意や動機を持ってもらうことです。能力や状況に応じて、役割や責任のレベルを上げたり、負担になるようなら下げたりすることも必要です。困ったときには、リーフにご相談ください。
障がい者は仕事ができるのですか?
多くの障がい者の方々が様々な分野の職について活躍されています。障がい者と一口に言っても、障害種類によっても、程度によっても違いがあります。 障がい者雇用の経験がなく不安を感じられる場合には、島根障害者職業センターが実施しているジョブコーチ支援事業を活用したり、各種訓練やトライアル雇用、障がい者チャレンジ事業などの各種制度を活用する方法もあります。まず、職場体験から受け入れてもらうことをお勧めします。
障がい者を雇用したいのですが?
どのような職種、業務内容なのか具体的にお聞かせください。リーフの登録者にも適任者がいるかもしれません。 また、障がい者を雇用するにあたっての不安や疑問等にもアドバイスいたしますし、各種支援制度の提案もいたします。
場合によっては、障がい者の特性にあわせて仕事を創出したり、業務内容について提案、相談させていただくこともあります。